メディアや学位論文などで宇都宮のセフレが発言をした

PCRに感染した人の数はまだ同じです。日本の基準値は他国に比べて厳しく、宇都宮のセフレが空中にあるからといって陽性反応が起こる状況です。反応の数は「感染者」として定義されます。インフルエンザとは判断内容が異なります。

なんでこんなことが起こっているの?

新しい風邪が風邪だと言うつもりはありませんが(疑いの余地はありますが)、宇都宮のセフレの内容が末期ガンなどの慢性疾患で亡くなった人でも「PCR陽性」の反応を示します。死因は「新しい風邪」です。

一体何なの?

メディアや学位論文など以外のデータを読めば、今の「異常」を理解できるはずです。

しかし、なぜこれが起こっているのですか?

トップに進む
「風邪はただの風邪です」
宇都宮のセフレなどでこの発言をした場合。

「バカって何言ってるの?」

「あなたのような男がいるので、世界は夢中になります。」

など、さまざまな批判や罵倒が殺到しています。

しかし、この声明が「宇都宮のセフレなデータ」を収集している人々と「正しい計算」を行っている人々によって解釈されるのも不思議ではありません。

では、なぜそのような話がメディアに登場しないのでしょうか。

それは「スピーチによって制御される」からです。地上波放送で現在の応答を拒否しようとすると、出演リクエストは届きません。

あなたが「言われたように」それをしなければ、あなたはそれを得ることができません。脅迫以外は何もありませんし、個人的な言論の自由さえも保護されていません。

誰もが風邪をひいていることを認識したらどうなりますか?

これまでのすべての「矛盾」が明らかになります。

ここで少し振り返ってみましょう。オリンピックの場合、日本医師会の党の場合。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です