たまたま通りかかった栃木のセフレ

意外と珍しい現象のようです。

たまたま通りかかったときにお会いできて光栄です。

薩摩半島の終わりを目指し、栃木のセフレを渡ります。

皇后両陛下と買い物に行ってマックを作るつもりだったのですが、ここに来たのでブリックテイはいかがですか?そういえば、入店に成功した「レモラ末広」。皇后はビーフカレーと呼ばれているので、ピギーバックもしました(値段が高いので注文できません)~~!

そして辛さは。
私は2回、皇后は6回でした。
あまちゃんってなんだろうと思うかもしれませんが、実はこんな話が2倍あります…

大学時代、アルバイトに愛されていた栃木のセフレに連れられてここに来ました。
「2倍に!」
監督「じゃあ私は20倍大きい」
私は「ああ、大丈夫ですか?」と言いました。
監督「これは栃木のセフレですか?^^」

まず、来ました。
すみません、最初に入手した場合、それは非常に苦痛です。
少し食べますが、舌はtですイングリング
福神漬けをいくら食べても舌の痛みは治らない

栃木のセフレ「うーん~~?辛くないの?
私(声を出さずに汗をかく)

私(冷水を飲むのは痛い刺激で、もう目が出血している?(ΦプレートΦ)桑!
監督 “…”

そうです、レストランが餌をやる人は間違っていました。
私は許可なく20回挑戦することを余儀なくされました…(;  ̄ ̄)ラ

それ以来、私のシナプスには「double = spicy」という情報が埋め込まれているので、double以上進むことはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です